オケコンといえば? Morton Gould Concerto for Orchestra

オケコンといって思い出される作曲は誰でしょうか?

やはりバルトークという人が圧倒的に多いでしょう。あとはヒンデミットルトスワフスキ三善晃などの名前を挙げる人もいるでしょう。

 

Wikipediaの『管弦楽のための協奏曲』には30人の作曲の名前が載っていました。

ここの30人にもあがっていないのですが、20世紀のアメリカの作曲家であるモートン・グールドもオケコンを作曲しています。

 

1944年の12月1日にボストンで B.バルトークの「管弦楽のための協奏曲」の初演をモートン・グールドは聴いているそうです。バルトークの初演の2ヶ月後の1945年の2月1日に、モートン・グールドのオケコンの初演が行われました。

モートン・グールドがバルトークの作品に影響を受けてこの曲の作曲したのか、偶然同時期に作曲をしていたのかはわかりません。

 

モートン・グールドの作品にしては厳しめの音楽です。

もっともっとたくさんの人に聴いてほしい曲です。

 

オールバニ交響楽団 Albany Symphony Orchestra

デイヴィッド・アラン・ミラー(指揮)David Alan Miller

http://www.amazon.co.jp/dp/B0032BXPBA

f:id:makoto-oohori:20160504214349j:plain

 

DECCA 頽廃音楽(Entartete Musik)

1990年代にDECCA(デッカ)から発売され、マニアックな音楽ファンをうならせた頽廃音楽(Entartete Musik)シリーズというのがありました。

20世紀前半、ツェムリンスキー、ウルマン、シュールホフなど、ナチス・ドイツによって「退廃」の烙印を捺された作曲家の作品を甦らせ、20世紀音楽史上のエア・ポケットを優秀録音&演奏で公にした、刺激的かつ重要な名企画です。

日本では長らく絶版になっています。ボックスCDでもいいので再発売を願います。

Decca - home of classical music - Series & Editions

 

f:id:makoto-oohori:20160501204826j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204828j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204829j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204827j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204831j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204830j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204833j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204832j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204836j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204835j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204834j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204839j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204838j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204837j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204841j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204840j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204843j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204844j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204842j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204846j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204845j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204847j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204848j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204849g:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204850j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204851j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204853j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204852j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204854j:plain

f:id:makoto-oohori:20160501204855j:plain